ウォーキングとジョギングについて

ウォーキングとジョギング。どっちが良い!?

ダイエット中の運動はウォーキングが良いのか、ジョギングが良いのか迷う方も多いでしょう。
脂肪を燃焼させる目的があるならウォーキング、体を鍛える目的があるならジョギングをおススメします。

 

まず、運動で痩せるためには運動の強度が関係してきます。
運動にまだ慣れていない人がいきなりジョギングをしてしまうと運動強度が高くなりすぎて、心拍数が高くなりあまり脂肪の燃焼が促されない結果となってしまいます。
脂肪が燃焼するためには脂肪と酸素が結びつかなければならなく、運動強度は最初から強くしないようにしてみて下さい。
そのため有酸素運動になりやすいウォーキングのほうが適しており、運動に慣れていない方は最初からジョギングを取り入れて心拍数を上げすぎないよう注意しましょう。
心拍数が上がれば無酸素運動となりやすく、脂肪を燃焼させる酸素が取り込めなくなってしまうのです。

 

もちろんある程度運動に慣れたらランニングに切り替えるのもおススメです。
運動を続けていれば徐々に心肺機能が高まり、強めの運動をしても心拍数が上がりにくくなってきます。
ダイエットのための運動はその人の運動習慣の度合いによって決めなければならず、消費カロリーが多いからといって安易にランニングを選ばないようにしましょう。
また、ジョギングは無酸素運動になりやすいため、下半身の筋肉を鍛えるのには効果的です。
筋肉を鍛えて基礎代謝を上げることや、引き締め効果を求めているならジョギングを選んでも良いでしょう。